幼児・小学生・中学生・高校生一貫教育 伝統と実績のキタン塾

お問い合わせ専用ダイヤル
0120-757-848 電話受付 9:00~22:00
※日曜・祝日を除く
本部 | 岐阜県岐阜市日野東7丁目2番1号 TEL.058-241-0599 FAX.058-241-1610
会社概要     サイトマップ     リンク
お問い合わせ・資料請求
キタンについて コースのご案内 校舎のご案内 イベントのご案内 合格体験記 合格実績

トップページ  >  キタンのブログ一覧  >  光の泉ブログ  >  読解の準備 〈心情把握編〉

光の泉ブログ
最近の投稿
月別アーカイブ
教育理念
選ばれる理由
コース一覧を見る
キッズコース
小学部コース
中学部コース
高等部コース
合格体験記
キタンのブログ
リクナビ
光の泉ブログ
光の泉ブログ
2022.08.02|読解の準備 〈心情把握編〉

こんにちは。講師の近藤です。

入試に限らず、物語文では登場人物の心情を問う問題が多く出されます。作者が読み手に気持ちが伝わるように描写した部分、本文中に示されたその手がかりに注目するわけですが、どんなことに気をつければよいでしょうか?

 

【Check Level 1】

~心情がハッキリわかる直接的表現を見つける~

「安心した」「悲しかった」「楽しい気分になれた」、・・・読み進めるなか、このような言葉にチェックを入れていき、どこに心情が表れているかを確認しましょう。そのとき、「胸をなでおろした」「気を落とした」などの慣用句にも注目できるとよいでしょう。

 

【Check Level 2】

~表情・態度・言動から分かる間接的表現を見つける~

「目が輝いていた」「いつもより足取りが重かった」などを見つけ、「+(プラス)」「-(マイナス)」のどちらの心情で、どんな気持ちでいるのかを考えてみましょう。ただし、「静かに目を閉じた」「涙があふれた」など、いろいろな心情が考えられる表現には注意が必要です。

 

【Check Level 3】

~心情を象徴しているものや情景描写から心情を考える~

たとえば、天候を意識することも大切です。「天気」と「心情」がマッチしている場合が多いからです。

・「空は澄み渡り、雲一つなかった。」→ポジティブな印象。登場人物の心情はプラスの方向へ(うれしい、楽しい、喜びなど)。

・「あたりが暗くなり、雨が降り始めた。」→ネガティブな印象。登場人物の心情はマイナスの方向へ(悲しい、辛いなど)。

 

 

光の泉では、小学生のうちから発展問題にもチャレンジしていきます。ただ、やみくもに難しい問題に取り組めばよいというわけではなく、長く難解な文章を読んでいくときにこそ、今回紹介したような基本的で地道な準備が必要です。しかも心情を表す言葉をしっかり拾えるようになっていくなかで、自分の心情を表現する力(=作文能力)も上がっていくことでしょう。

 

とはいえ、こういった学習を子ども一人だけで完結させていくのはなかなか難しく大変です。ですから学習塾『光の泉』の「国語」がしっかりサポートしてまいります。

 

令和4年度 後期入塾生まだまだ募集中!!

第2回入塾説明会は8/7(日)です!

詳しい内容は以下をご覧ください。

↓↓

令和4年度 編入試験案内

お気軽にお問い合わせください 0120-757-848

PAGE TOP