幼児・小学生・中学生・高校生一貫教育 伝統と実績のキタン塾

お問い合わせ専用ダイヤル
0120-757-848 電話受付 9:00~22:00
※日曜・祝日を除く
本部 | 岐阜県岐阜市日野東7丁目2番1号 TEL.058-241-0599 FAX.058-241-1610
会社概要     サイトマップ     リンク
お問い合わせ・資料請求
キタンについて コースのご案内 校舎のご案内 イベントのご案内 授業曜日のご案内 合格実績

トップページ  >  キタンのブログ一覧  >  キタン塾ブログ  >  週刊KHN   2月12日号  冴え返る夜の月やよし朝の日やよし 

キタンのブログ
最近の投稿
月別アーカイブ
カテゴリー
教育理念
選ばれる理由
コース一覧を見る
キッズコース
小学部コース
中学部コース
高等部コース
合格体験記
キタンのブログ
リクナビ
キタン塾ブログ
2017.02.12|週刊KHN   2月12日号  冴え返る夜の月やよし朝の日やよし 

 目次

お知らせ

講談社版日本大歳時記コーナー

今月の分類・干支

後記

 

 

 

 

 

お知らせ

 

テスト

キタン塾本科コース・光の泉・第2光の泉

第6回統一テスト

対象 小学4年生~中学2年生

2/4(土)に実施されました。

答案は2/13(月)~15(水)の通常授業で返却します。

詳細は0120-757-848(フリーダイヤル) または 058-241-0599で

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講座

キタン塾光の泉・岐阜駅前校

 週末特別講座 H-exceed

平成28年度 後期 H-exceed 全18回

後期 第17回:2/18(土)    第18回:2/25(土)

平成29年度 前期 H-exceed 全15回 3/18(土)スタート!!  受講生募集中

詳細は0120-757-848(フリーダイヤル) または 058-241-0599で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講座

キタン塾本科コース・第2光の泉

公立高校入試対策講座

ラ・スパ

会場:日野坂校・長良校・茜部校・笠松校・那加校・第2光の泉

対象:中学3年生

平成28年10月8日(土) ~ 平成29年2月25日(土)  全15回

土曜日 13:00~15:00

教室によって、日にち・時間を変更する場合があります。

第14回  2/18(土)      第15回  2/25(土)

費用 全15回分・一括\32,400

お申込み・お問い合わせは0120-757-848(フリーダイヤル) または 058-241-0599で

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入塾説明会

2/ 19(日)第3回入塾説明会・選抜試験

 

光の泉

本校 (加納) AM9:00~10:00  

北校 (長良) PM1:00~ 2:00

 

キタン塾本科コース

長良校・那加校・笠松校        AM 10:00~11:00

日野坂校・茜部校・岐阜駅前校  PM2:00~3:00

 

募集対象  新小3~新中3

無料体験が可能なコースもあります。

事前にお電話でお申し込みの上で御参加下さい。

詳細は0120-757-848(フリーダイヤル) または 058-241-0599で

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

講座

中学中間・期末テスト対策       8時間詰でがんばる講座

キタン塾本科コース

会場      長良校・日野坂校・茜部校・笠松校・那加校・岐阜駅前校

期日   2月5日(日)・2月12日(日)のうち1日間。

時間      9:30~17:20    ※日野坂校のみ9:00~17:00

科目       国語・数学・英語・理科・社会

費用     全会場:塾外生も無料です。

岐阜駅前校新規開校特別キャンペーン中!!

塾生は無料です。

持ち物        学校教材・お弁当・飲み物・忍耐力 

8缶は無事終了致しました。

自習室は定期テスト終了まで開放しています。

お電話でお問い合わせ下さい。

詳細は0120-757-848(フリーダイヤル) または 058-241-0599で

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪講談社版日本大歳時記コーナー≫20170212

さえかへ

初春

いて返かえる・しみ返かえる・寒かんかえる・寒かんもどり

【解説】〔山本健吉〕

「冴ゆる」とは、

光、光沢、色、音響、寒気などが澄みとおることで、

そこから転じて頭脳や面貌やわざのあざやかさなどにも言う。

 

冬の季語とされているのは、

特にあざやかな寒気や冷気について言ったので、

光や色や音について言う場合も、

冷たさが伴っている。

 

「冴返る」は、

春になって、

いったんゆるんだ寒気が、

寒波の影響でまたぶりかえすことである。

 

余寒、春寒を意味する。

 

藤原家隆の歌

「冬の歌のなかに、しぐれつる宵の村雲冴えかへり更け行く風に霰あられ降るなり

(『新後拾遺集』巻六冬、五二〇)などは、

すっかり澄みきる意で、

冬の歌に詠み、

新古今時代には必ずしも春の季語と決まっていなかった。

 

その後藤原爲家の歌に

「余寒の心を、さえかへり山風あるゝ常磐木に降りもたまらぬ春の沫雪

(『玉葉集』巻一春上、二九)などと、

余寒を詠み、

春の季感を持ち出した気配がある。

 

連歌時代になって、

一月(初春)のものとされ、

あるいは二月辺りまでも言う、

とされた。

〔山本健吉〕

 

 

 

 

 

 

週末は荒天であったが、

昨夜の月、

今朝の空、

また、

今夕の景色は、

寒のもどりならではの絶景である。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪今月の分類 ―27― 干支 ≫20170212

広辞苑 第六版

岩波書店    による

【広辞苑コーナー】

え・と【干支】(「兄」の意)

①十干十二支。十干を五行(木・火・土・金・水)に配当し、

陽をあらわす兄、陰をあらわす弟をつけて名とした、

きのえ・乙きのと・丙ひのえ・丁ひのと・戊つちのえ・己つちのと・庚かのえ・辛かのと・壬みずのえ・癸みずのとに、

十二支を組み合わせたもの。

甲子きのえね・乙丑きのとうしなど六〇種の組合せを年・月・日にあてて用いる。

②十二支。年、特に生年や方位・時刻に当てる。「今年の ― は丑うしだ」

 

 

 

 

 

十干十二支を

わかりやすく伝えようと、

とりあえずの広辞苑、

なのだが、

調べてみて気が付いた。

 

10と12の組み合わせなら、

10×12=120

ではないか…   と。

 

以下に、

広辞苑の

干支1の表で

分類してみた。

 

 

 

1 子かっし・こうし     きの

2 丑いっちゅう・おっちゅう きのうし

3 寅へいいん        ひのとら

4 卯ていぼう         ひの

5 辰ぼしん         つちのたつ

6 巳きし           つちの

7 午こうご         かのうま

8 未しんび         かのひつじ

9 申じんしん        みずのさる

10 酉きゆう         みずのとり

11 戌こうじゅつ       きのいぬ

12 亥いつがい・おつがい   きの

13 子へいし         ひの

14 丑ていちゅう       ひのうし

15 寅ぼいん          つちのとら

16 卯きぼう         つちの

17 辰こうしん        かのたつ

18 巳しんし         かの

19 午じんご         みずのうま

20 未きび          みずのひつじ

21 申こうしん        きのさる

22 酉いつゆう・おつゆう   きのとり

23 戌へいじゅつ       ひのいぬ

24 亥ていがい        ひの

25 子ぼし          つちの

26 丑 きちゅう       つちのうし

27 寅こういん        かのとら

28 卯しんぼう        かの

29 辰じんしん        みずのたつ

30 巳きし             みずの

31 午こうご          きのえうま

32 未いつび・おつび        きのひつじ

33 申へいしん         ひのさる

34 酉ていゆう           ひのとり

35 戌ぼじゅつ        つちのいぬ

36 亥きがい         つちの

37 子こうし         かの

38 丑しんちゅう        かのうし

39 じんいん        みずのとら

40 卯きぼう          みずの

41 辰こうしん         きのたつ

42 巳いっし・おっし     きの

43 午へいご         ひのうま

44 未ていび         ひのひつじ

45 申ぼしん         つちのさる

46 酉きゆう         つちのとり

47 戌こうじゅつ       かのいぬ

48 亥しんがい        かの

49 子じんし          みずの

50 丑きちゅう         みずのうし

51 寅こういん        きのとら

52 卯いつぼう・おつぼう    きの

53 辰へいしん        ひのたつ

54 巳ていし         ひの

55 午ぼご          つちのうま

56 未きび          つちのひつじ

57 申こうしん        かのさる

58 酉しんゆう        かのとり

59 戌じんじゅつ        みずのいぬ

60 亥きがい         みずの

 

 

 

 

 

 

 

なるほど、

木・火・土・金・水のえ=奇数

十二支の奇数にあたる子・寅・辰・午・申・戌を配して、

5×6=30、

木・火・土・金・水のと=偶数に、

干支の偶数の丑・卯・巳・未・酉・亥を配するので、

またもや、5×6=30、

30+30=60 というわけだ。

 

ということは、

ね・とら・たつ・うま・さる・いぬ は必ずえ=陽で、

うし・う・み・ひつじ・とり・い はいつもと=陰になり、

これが入れ替わることは未来永劫ないわけだ…

 

酉年生まれとしては、

たまにはになってみたいような気もする。

 

ひのえ とか

みずの とか

くっついてみると

なんとなく見栄えがするんじゃなかろうか…

 

 

 

さて、

わたくしは ひのととり の生まれで、

今年で、2度目の

ひとのととり に巡り合ったわけで、

来年は2度目の

つちのえいぬ を迎える。

 

つちのえいぬ すなわち戊戌ぼじゅつとは、

高野長英が、

モリソン号事件を受けて、

「戊戌夢物語」を著して幕政を批判した際の、

あの戊戌である。

 

モリソン号事件は、

天保七年であるが、

いつのことやらわからぬのに対して、

戊戌なら、60、120、180…年前、

60年前は昭和、

120年前は、明治、

180年前なら、江戸時代、

ということは、

あれは180年前のことか…ふむふむ、

 

と、まあ、

こんなような使い方ができるわけだな。

 

どぉ、

けっこうよくないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後記20170212

8缶、

無事終了しました。

 

とはいえ、

期末テストは、

ほとんどの中学で、

2月16日(木)・17日(金)の2日日間、

明日からも教室でしっかり勉強してもらおうかの、

まっとるで。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

あ、

外に出て、

西の空を御覧なさい。

 

本日2月12日は、

金星の光度が最大です。    

― と思ったら違ってた、

最大光度は17日の金曜日でした。

 

 ま、今週は、

受験生も、

そうでない人も、

毎日金星になんかお願いしときましょうか…

 

 

では、御機嫌よう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お気軽にお問い合わせください 0120-757-848

PAGE TOP